今年は初釜2回!

先週から続いた雪も小休止で、山形市内はすこし走りやすい道路になりましたが、今週末はまた降雪の予報なので、なかなか気が抜けません。来月は一体どうなるやら‥。

2016年の1月も最終週に差し掛かりましたね。県内各地を走り回っているうちに、1ヶ月が終わってしまいそうな予感がします^^;

さて、そんな1月でしたが、じつは今月は2回もお茶の「初釜」に出席し、楽しめました。

1回目は今月10日に仙台で行われた初釜へ♪ 「東洋館」というお茶事専用の割烹で、とっても美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、社中の先輩方の素敵なお手前に見とれていました。
b0079206_21455620.jpg
どれも季節感にあふれ、毎シーズン味わいたくなる茶懐石のお料理でした~!


私は、藤色の着物で出席。着付けは当日、母にお願いしました。
b0079206_214664.jpg

髪のセットだけは、横浜の実家近所にある行きつけの美容室で、前日(9日)の朝に作ってもらい、その日のうちに山形の自宅へ移動。(車の運転も、髪が崩れないように細心の注意を払って!笑)。そしてその夜はうつ伏せで寝て、翌日早朝の着つけに備えたのでした~
b0079206_21462239.jpg
でも、仙台でのお茶事を終えて着物をほどく直前もこの状態↑。我ながら、執念で髪を死守しました!笑


今回のお茶事に備えて新しく購入したのは、着物用メイクにピッタリなチークとアイシャドウです。
b0079206_21464065.jpg

どちらもディオールの今シーズン限定もの☆ 特に、こちらのアイシャドウのサーモンピンクとシルバーグレーが着物メイクに合いました!
b0079206_2147070.jpg
和装の時って、洋装とはすこし趣向の異なるメイクになるんですよね。


2回目の初釜は、先週末の24日、先生のお宅でのお茶席でした。この日は、いつも着付けをしてくれる母に来てもらうわけにいかなかったので、6時起きで地元の美容院へ。髪のセットと着付けで、1時間10分程度の所要時間でした。
b0079206_21472310.jpg
着物は帯上げだけ変えて、あとは同じものを。髪の毛はすこし落ち着いた感じになったかな?

この時は、お薄のお手前のほか、水屋のお手伝いも当番だったので、水屋では着物用エプロンを着用。大切なお着物をしっかりガードしなくちゃ!
b0079206_21482652.jpg
慣れない水屋当番でしたが、精いっぱい務めてなんとか無事に終えられ、楽しい1日でした^^

今年も、本業の仕事の傍らで、良い気分転換としてお茶を学んでいこうと思います。
それにしても、初釜に2回も出席できるなんてホント幸せ者!!幸先良いスタートが切れました♪
[PR]
by cuminK | 2016-01-27 22:44 | お茶 | Comments(0)

ドヤ顔で「御銘」

今年8月にふたたび山形での生活を始めたと同時に再開させたのが、お茶のお稽古。
b0079206_234237100.jpg
(↑普段、家では「台所での立礼」でささっと。茶がらが出ないので朝からラクです!)

もちろん以前と同じ先生のところでお世話になっていますが、前は「土曜日の朝」に通っていたのを、今回は「水曜日の夜」のお稽古に参加させていただいています。
週の半ばにリフレッシュしたい気持ちも相まって、なかなか良いタイミング。帰宅後もせっせと家事に燃えられたりして(カテキンパワーで元気になれるんです!)、お茶室ではすごくいい時間を過ごさせていただいています。


そんな私が今回、個人的に楽しんでいるのが「御銘」。お道具拝見の時、お茶杓などに「季節の言葉」をつけてお答えするくだりがあるのですが、その時の言葉のセンスにちょっと工夫を凝らしているんです。
アンチョコはこちら!
b0079206_23482317.jpg
「茶道手帳」「茶の湯の銘 季節のことば」に助けてもらっています♪

たとえば、今年最後のお稽古の時だと、、、
b0079206_2350427.jpg
「風花」「柴の雪」とか、ここには無いけど「六花」「冬木立」など使いました。

社中のみなさん曰く、私が御銘を紹介する時のドヤ顔がとってもおもしろいらしく、ホットな笑いを提供しています!(笑)
お茶席ではたびたびユニークな失態を繰り返し、みなさんに呆れられながら笑われている私。山形にいる間はまた大事な時間として、お茶と向き合っていこうと思います。


そんな私の目下の懸案は、来月10日に仙台で行われる初釜のお茶事。
この時はさすがに初歩的なことはきちんと行いたいので、この冬休みにはイメトレしようと先生からお茶事の教科書をお借りしてきました。
来月は2回初釜に出席する予定です。新年早々、新たな気持ちで自分と向き合うという願いも込めて、お茶事に参加してきます。

私、やっぱりお茶が好きなんだなぁ…^^
[PR]
by cuminK | 2015-12-26 23:40 | お茶 | Comments(0)

濃茶百回

b0079206_21463942.jpg

今日は午前中に半休を取って、お茶のお稽古に行ってきました。
(昨日ようやくロケの大半がアップしたので、ゆとりができたんです♪)

異動が近い私に、少しでも多くの稽古を授けよう!と意気込んでくださっている先生のご厚意から、特別にマンツーマンで指導していただきました。感謝感激!

そして、今日の特訓稽古で私もついに“濃茶デビュー”を飾りました。^^
(※普通よく見る、泡立っているお抹茶=「薄茶」、トロッとして艶っぽく練られているお抹茶=「濃茶」です。お茶会ではセットで頂くもの。)

いや~、自分で言うのもナンですが、けっこう上手に練られたと思う!(笑) 先生にも誉めて頂けました♪
でも、先生には「濃茶百回」とも言われ、
①「濃茶はお茶碗の中で百回練る」
②「濃茶は百椀分練ってようやく会得できる」
というダブルミーニングを教えていただき、「ほえ~」と、果てなき道の遠い先を思い、気が遠くなってしまいました。
でも、だからお茶って面白いんだよなぁ・・


先生には、東京に戻ってからお世話になる先生もご紹介いただいたので、せっかくなら新しい先生のお住まいの近くに新居を探そうと思い始めています。
ちょうど実家とも近いお宅だったのでラッキー。^^


あすから3週間ほど仙台出張、そしてその後はしばらく東京出張・・と、来月下旬までは山形に戻れそうもないので、今日のお稽古はとても貴重な時間になりました。

あぁ、こうやって山形からどんどん遠ざかっていくのね・・(涙)
b0079206_2254218.jpg

(今日の床の間に飾られていた香合はカタツムリ。大の虫ギライの私ですが、これはさすがに「可愛らしい♪」と思えたなぁ。^^)
[PR]
by cuminK | 2010-06-11 22:07 | お茶 | Comments(2)


b0079206_21354760.jpg
先週のお茶のお稽古で、私もついに・・・
初炭手前デビューいたしましたっ!!!
(初炭手前というのは、炉や風炉に炭をつぐお手前のことで、お茶においては
か~な~り、重要なお手前になります。)


いや~、「あなたにもいつかやってもらうから、ちゃんと見ておくのよ」
と先生に言われつづけて1年半。
その“いつか”は突然やってきました。
朝、お茶室に入ってご挨拶したら、
「今日の初炭はあなたにお願いしましょう」。
・・って。Σ( ̄ロ ̄lll)

そんなー。
せめて、先週の時点で「来週はあなたに」
と聞いていたら心の準備もできたのに!
(テキストとか読めたのに!!)

でも、初炭手前を所望されるのはもちろん光栄なことだし
辞退するのももったいないし、
そもそも初めてなんだからうまくいかなくても凹む必要ないし、、、
何はともあれ、とりあえずやってみるか!!
と、腹をくくってお手前開始。


それが・・

結果・・・


いやはや、これでもかってくらい、さんざんな流れでした。
完敗。(勝ち負けじゃないけど!)

自分でも、「これまでいったい、私は皆さんの初炭の何を見てきたんだろう・・・」
と終始反省するほどの出来なさで、完全に凹みました。

まぁ救われたのは、結果的に“炭をつぐ”目的そのものは全うできて
ちゃんと湯が沸いてくれたこと。そこだけです。

あとは全部ダメ。
道具の扱い方も流れも置き場所も狙いどころも、ひっちゃかめっちゃか。
途中からは、新手のコントでも演じてる気分になってました。
(あまりに緊張してお手前していたので、翌日は全身筋肉痛に)

先輩方も、通常なら
「お釜元は」「お羽は」「火箸は」「鐶は」・・と、
矢継ぎ早にお道具の由来を聞いて、炭手前をする人は動作を続けながら
流ちょうに回答していく・・というのが本来の流れなのですが、
私があまりに「炭手前」に没頭しているので、もはや誰も口を開けず。
私も当然「お願いだから聞いてくれるな」オーラを出しまくり。
無言の茶室に・・・・・ 嗚呼。。。
部屋じゅうに、(悪い意味での)緊張感の走る異様な時間が流れました。


でもでも!
きっとこれからは、先輩諸氏の初炭手前を拝見するときの“見方”が変わるはず!
どこがどう難しくて自分とどう違うのか、ちゃんと、見て学べるはず!!
今回の初炭大失敗はポジティブに捉えよう!
・・と言い聞かせて自分を慰めました。

たとえ下手くそでも、まずは初めの一歩を踏み出せただけで十分ではないか!!
「フツーに考えると小さな一歩だけど、私にとっては大きな一歩だ!!」
と、アームストロングばりの名言を呟く私。^^;


そしてじつは、この日は吉報も頂きまして♪
晴れて、ひとつ「許状」を頂戴できました。
これで私も、正真正銘「裏の子」(裏千家を修める者)として認められた訳です。ばんざ~い☆
これから続く、長い道のりの最初の一歩。ずっと続けていったら、どこまで許状が頂けるかな~


仕事は、せいぜい残り30年くらいしか続けられないだろうけど、
お茶は生涯続けていこうと思っています。元気な限り、、、めざせ50年!?
一生をかけて修練するに足る道だと思っているので。

というわけで(!?)、初炭手前デビューは大汗かいて終わりましたが、
これにめげず、がんばります。^^ゞ
[PR]
by cuminK | 2009-12-08 22:38 | お茶 | Comments(2)

お茶の皆さんとのランチ

b0079206_22454324.jpg

先週末、お茶のお稽古でご一緒している社中の皆さんと、ランチに出かけました。
先月あったお茶会の打ち上げ、という名目ですが、まぁ実際のところはただ気楽にお喋りしたかっただけ、です。^^

お店は、山形県の南方にある南陽市というところにあるレストラン。
写真ではわからないのが残念ですが、ブドウ畑の真ん中にあるレストランで、ガラス張りの向こうにはブドウの木が並んでました。
食材はすべて、オーナーこだわりの自家製オーガニック野菜、と女性には嬉しいお店。
お料理も野菜がメインでローカロリーでしたが、野菜自体の味がとってもしっかりしていたので食べごたえがありました。
ロケーションも素敵だし、ぜひもう一度行きたいお店。
でも、母とか女友達を連れて行くのにちょうどいい感じかなぁ。
男性には「もっと肉食いたい!!!」と言われそうで怖いかも。(笑)


普段、お茶のお稽古では和服姿で会うので、気楽な洋服姿もちょっと新鮮で楽しかったです。
何より私にとって、山形で仕事と無関係にプライベートで遊べる仲間というと、このお茶の社中の皆さんくらいしかいないので、職場とは関係ない話が気ままにできたのもよかった。^^
私以外は全員40代~60代という年輩の方ばかりですが、皆さんにはほとんど娘を見るような目で温かく接してもらえるのでありがたいです。

残り1年、皆さんともたくさんの楽しい思い出を作っていきたいなぁ・・と思う今日このごろ。
あともちろん、肝心のお茶も精進しなければ…!!
[PR]
by cuminK | 2009-08-11 22:59 | お茶 | Comments(0)

五弦の琵琶♪

b0079206_20583955.jpg

緋毛氈の上に置かれた五弦の琵琶!!
・・だったら正倉院に入ってるはずですね、ハイ。^^;
(実際は赤い袱紗を敷きました)

こちらは私が持ってるたった一つの香合です♪
手のひらに収まるくらいとってもちっちゃい代物で、花梨の木でできてる堅~い工芸品。
細工が見事で螺鈿の細かいのが散りばめられてます・・!
去年の暮れ、実家の近くにあるお茶道具屋さんで一目惚れして以来ずーっと心にかかっていて、先月ボーナスが出たときにようやくゲットいたしました。長い道のりだった・・・
b0079206_2143924.jpg

本来ならば、こうやって(↑)香木を入れるための容器(私は伽羅と白檀を準備してます! ^^)なんですが、、、
普段、香木は密閉容器に入れてあるので、我が家では香木を入れている時間なんてほとんどなく(笑)、
b0079206_2174850.jpg

↑だいたいは指輪入れになってます。^^;
中身よりも入れ物の方が高いのでは、という噂も・・!?


今日も山形は終日雨。
こんな湿度の高い夜は香が聞こえやすいので、ひさしぶりに焚いてみようかな。
このところ取材ではフラれっぱなしだけど、気持ちを落ち着かせたら事態も好転してくれるかも・・しれない!?
(・・現実逃避ですねー)
[PR]
by cuminK | 2009-07-27 21:16 | お茶 | Comments(0)

朝の茶事

b0079206_20475527.jpg

7月に入り暑くなってきたせいか、朝早く目覚めることが多いので、最近は出勤前の時間をお茶のお稽古にあてるようにしています。
今朝は、(ちょっと季節遅れだけど)七夕のお干菓子を用意。
普段は控えたほうがいいお菓子も、朝だったらそんなに太らないかなーと勝手に思い、けっこう安心してつまんでます。^^;

自分の中でなんとなく満足いく流れで点てられるまで何度か練習するので、気づけば朝から3~5杯くらいの薄茶を頂いていることになります。
(危険なくらい、カテキンとりすぎ!!)
おかげでスッキリシャッキリ覚醒し、「おはよう日本」が終わる頃にはもう1日が半分終わったような気分に・・・。おばあちゃんみたい!?^^;

ドラマロケの後遺症とも思われる早起き習慣が体に残っているうちに、お茶の早朝稽古を習慣にしたいなぁ。
いまのお茶の先生にお世話になれるのもあと1年なので、できるかぎり先のお手前まで修得したいなぁ、と欲が出始めています。
[PR]
by cuminK | 2009-07-13 21:18 | お茶 | Comments(0)

お茶のスピンオフ効果

今日のお稽古も無事に終了。
今日は普段よりもたくさん点てることができて、何度も何度もトライ&エラーの繰り返しでしたが、おかげでみっちりと練習できた気がします。

b0079206_15443269.jpg

今日のお軸は「露堂々」とありました。
禅語の「明歴々露堂々」の後半オンリーで、意味としては「少しも嘘や隠し事なく、目の前に堂々と現われている真理を無心に眺めることの大切さに気づくことが尊い」ということだそうです(←ハイ、完全に受け売り。笑)。
仕事でもプライベートでも、ときどき後ろ暗い気分になることがありますが、そんな自分に「喝ッ」を入れられたようなお言葉でした・・・
先生がその日の茶事に合わせて掛けてくださるお軸には、ときどきハッとさせられて「痛いとこ突かれたな」って思うことがしばしば。やっぱ読心術をお持ちなのかしらー。^^;

そして今日、特に心惹かれたのがこちらの香合。↓
b0079206_15541093.jpg

菱餅の形がかわいいー。春めいてる!今の時期しか使えないので、刹那的でますます貴重な気がするー・・
私はホントに、香合に目が無くて(!)、次々と欲しい香合が出てきてしまって困ってます。
(こないだ懐紙が切れたのでお茶道具屋さんに行ったら、またしてもお気に入りの香合と出会ってしまった・・
買えないくせに、目ばっかり肥えてしまって、私が「いいな」と思う香合は大抵“オーバー50万円”です。。。いったい誰が買うんだろう。)

それから、次に欲しいのがこちらのお茶棚です。^^
b0079206_1614253.jpg

ミニサイズの襖がかわいい!女子にとっては、ほとんどシルバニアファミリーの延長みたいな趣味ですねー。しかしコレもまた高いんだよなぁ。。。


そして、お茶を通じていろいろな美意識に関心が高まってくると、自分の居住空間を綺麗に整えたい!という欲望がムクムク湧いてきます。
なので、お稽古のあと仕事に行かなくて良い日は、一目散に帰宅し、部屋を徹底的に片づけたくなるのです。
これはお茶の、最大にして最高のスピンオフ効果かもしれません(笑)
だいたい、日付を跨いで日曜日の深夜(早朝?)くらいまで、せっせとお掃除し続けますからねー。
なので必然的に、日曜日の朝は我が家がいちばん輝いている時だと思うので、遊びにくるときはこのタイミングを狙ってきてほしいくらいです。(爆)

今日も、快適マイルームづくりに専念できる幸せな週末です♪ がんばるぞー☆
[PR]
by cuminK | 2009-03-14 16:10 | お茶 | Comments(2)

聞香

b0079206_22563018.jpg

お茶に関連して、ついに香道も始めました。
・・といっても今はまだ、本を見ながらの独学ですが。
山形には香道を教えてくださる良い先生がいらっしゃるそうで、偶然にも私のお茶の先生と懇意にされているようなので、余裕ができたらちゃんと習ってみたいと思います。(できるのか!?)


今夜はひさしぶりに、ゆったりとした気持ちで香を聞きました。お陰で五感が研ぎ澄まされた感じ。
お香なのでもちろん、主に使う感覚は嗅覚ですが、イメージとしては“心で聞く”というのがしっくり来る表現かもしれません。
気持ちを集中させてお香を聞いていると、不思議と自分の内側からの声が聞こえてくるような気がします。
それが楽しくて、余裕のある朝は出勤前にも聞香をしてしまうほど。朝は伽羅、夜は白檀、といった具合に、香木も気分に合わせて使い分けたりして。(なんて贅沢なんだーっ。笑)


東南アジアの奥地で何百年もの時間をかけて熟成した香木が、いま私の手の中で薫っているということ自体にも重みを感じるし、その香木が数百年後までも香り続けるということに思いを馳せると、あまりに長大な時の流れにロマンを感じることさえあります。
同じ香木でも、タイミングによってまったく違う聞こえ方がするのが不思議でこれまた奥深い。


そういえば、気の合う人とは香りの好みも似ているような。
以前、「なかなか気に入るお香と出会えない」と言っていた人に、私が愛用しているお香をプレゼントしたらいたく気に入ってくれて、以来「毎晩お香を焚いているよー」とメールしてくるようになりました。
あまりに気に入ったから彼もリピーターになっちゃって、今や自分で買って出張先にも持参するほどに・・。(ハマりすぎでしょう!)


ラベンダーとかカモミールとか、洋風のアロマも大好きですが、やっぱり香木には独特の沈静効果があるような気がします。
時間をかけてゆっくり熟成させてこそ、築かれていくものがあるんじゃないかな。
私は、何でもかんでも性急に欲しがる癖があるけれど、本当に大切なものって、そう短時間で簡単には手に入れられないものなのかもしれない。
お香を聞いていると、ガツガツしている自分が窘められるような気さえしてきます。

自分の心と向き合って、じっくり考える時間。慌ただしい毎日の中でも、ほんのひとときでいいからそんな時間が持てたら、きっと穏やかに暮らせるんだろうなぁ。
う~ん。やっぱり、香道も修練したいなぁ。。。(習い事マニア!?)
[PR]
by cuminK | 2009-03-08 23:34 | お茶 | Comments(0)

お茶のお稽古

b0079206_16494713.jpg

昨日はお茶のお稽古に行ってきました。
(写真はおみやげに頂いたひな祭りの主菓子です。お稽古とは関係ないんだけど、かわいい匂袋も隣に置いてみました。笑)

昨日は、ここ数ヶ月の私のお点前の中で間違いなくベストといえるほど、気持ちよく点てられて本当に幸せでした。
もちろん、所詮はまだまだ序の口に入ったばかりの超ド級の初心者なので、決してたいしたものではありません!
でも、一連の動きが流れに乗ってススッとできたし、お道具を置く位置の取り方が綺麗に決まっていったので、ささやかな自己満足に浸ることができたのです。自分でお茶室の空気を作れているな、という感覚もあったし、気持ちよくお茶に専念できました。
帰り道にふと、「今日の一期一会のために、私はこれまで生きてきたのかもしれないな」と思ったくらいなので、自分なりにはかなり心地よかったようです。^^


じつは、先月はまったく自分のお茶に集中できず、もやもやした心でお茶室に入っていたし、お点前も迷い迷いな状態でした。気持ち悪かったー!
ビックリしたことに案の定、先生も私の心の乱れを完全に見抜いていらして、昨日は帰りがけに呼び止められ、「このところ、何か悩んでいたことがあったでしょ。でもやっと雲が切れたみたいね」
と、微笑みをたたえながら言われてしまった・・・(ギクリッ)
私の知るかぎり、お茶の先生方って皆さん揃って“読心術”を持ち合わせているように思います。
一瞬の表情と雰囲気ですべてを感じ取ってしまうというか・・・

先生の言葉通り、先月は心に大きくて分厚い雲が掛かっていました。それがお茶にも出てしまっていたんだなぁ。。。
もちろん、自分が一番自覚していたつもりだけど、第三者の先生に指摘されると「御意!失礼しましたー!」ってな気分になっちゃいます。^^;
今月に入ってようやく、自分の心の置き所みたいのが分かってきて納得できたから、前進できるようになったというか。そんな精神状態なんでーす。(なんのこっちゃ。^^)


よく、「お茶を習っています」と言うと、余程たおやかで格調高い人間なのかと誤解をされますが、そんなのトンでもない。
茶道を好む人って、わりと性格がキツかったり(自分も含めて)、勝ち気で負けず嫌いで気の強い人(自分も含めて)が多いと思います。
弓道や剣道同様、精神性の高いスポーツみたいな要素もあるので、心身共に集中しないとできないし。

昨日はつくづく、「お点前って自分の心が映し出されるんだなぁ」と実感して、襟を正す思いでした。
来週もまた、新しい発見があるんだろうなー。
[PR]
by cuminK | 2009-03-08 16:47 | お茶 | Comments(0)