グルジアの宴

世間は忘年会シーズンですね。
うちの職場近辺も例外でなく、今週は渋谷界隈のお店が混み合い、なかなか予約も入れられないみたいです。(…って、幹事やってる同期がボヤいてました。^^;)
そうなることを予見し&今週は意外に仕事が立て込んでいるので(!)、私たちの班は先週半ば、早々に忘年会を敢行しました。^^

行ったのは、カフェ・ロシアというグルジア料理のお店。吉祥寺にあるので、退勤後にみんなで井の頭線に乗って、終点の吉祥寺まで移動しました。
b0079206_18211192.jpg


どうしてもグルジア料理が食べたいっ!と言い募ったのは、何を隠そうこの私。^^;
うちの班に、ロシア(当時はソ連)の帰国子女の先輩がいて、彼女からロシアとその近隣諸国の料理事情を聞いているうちにどうしても行きたくなってしまって。
わざわざ渋谷~吉祥寺に移動するのもどうかと思いましたが、ほぼ強引に開催しちゃった。

でも、結論!
わざわざ吉祥寺に出向いてでも食べに行った価値アリだね!ということで一同納得。大満足のお皿の数々でした~!

以下、この次に行ったときの発注案にすべく、お料理写真をアップしまーす!
こちらのお店は、グルジア料理だけじゃなくてロシア料理もあるので、いろいろ混じっています。
(ああ、思い出したらまた食べたくなってきてしまった…。^^)


最初は「前菜の盛り合わせ」。どれも美味しかったんですけど、なかでもクルミとヨーグルトソースを蒸し鶏にかけたグルジア料理のサツィヴィ(写真奥)が最高でした。
b0079206_18294581.jpg

b0079206_1835683.jpg
(↑こちらがサツィヴィです)

こちらはロシア料理の代表選手、ボルシチ。ビーツたっぷりの赤紫色のスープが、「これぞ本物のボルシチ!」という感じでした。
b0079206_18323217.jpg


こちらはグルジアのスープ、ハルチョーです。とってもスパイシーな牛肉のスープでした。香辛料が、日本のそれとは何か違う気がします。とってもおいしかった!!
b0079206_18404928.jpg


これもグルジア料理の定番、ハチャプリ。洋食に置き換えて例えると、チーズのピザみたいな感じだけど、チーズがまたコクがあってモッチリしていて、とっても旨い!!あぁ、何とかして手軽に食べられる方法は無いだろうか…(憧)
b0079206_18425852.jpg


そしてロシア界隈の料理としてハズせないのが、壺焼きですよね~。^^
b0079206_18432115.jpg

中はキノコたっぷりのクリーミーなスープがアツアツでした。^^
b0079206_18445644.jpg


ロシア料理のピロシキ。本場のピロシキは、油で揚げず焼き上げるものなんだそう。ということは、こちらが正解のピロシキですね~。
b0079206_18545318.jpg


野菜のピロシキ
b0079206_18563677.jpg


お肉のピロシキ
b0079206_1857770.jpg



ここまでがお食事。キリッとしたグルジアワインと一緒にぱくぱく頂いていたら、さすがにお腹いっぱいになってきました。

最後のデザートは、リンゴのケーキと紅茶。ケーキはいかにも“ロシアのお母さんの味”という感じで素朴な味わいでおいしかったです。^^
b0079206_1931282.jpg


紅茶は、バラジャムを添えて♪ ロシアン・ティーですね。^^
b0079206_1944035.jpg

このバラジャム、いったい何千枚のバラの花びらを使っているんだろう…と思うくらい、濃厚なバラの香りが漂い、芳しい心地に浸れました。花びらが口いっぱいに広がって、なんとも贅沢な口当たり。
バラのジャムだなんて、楊貴妃かクレオパトラにでもなった気分だわ☆
(そしてバラといえば美容効果も絶大。この翌朝、同僚曰く「お肌のハリが違った!!」らしいです。笑)


全体的に、こちらのお店のグルジア料理(とロシア料理)は、すべて本当においしかったです!
もともと期待大だったのが、その期待をさらに大きく上回ってくれるほどの満足度でした。
今度は友達と行きたいな~。まだ頼んでいないメニューもたくさんあるからな~。

グルジアのお料理の特徴として、チーズやヨーグルトなどの発酵食品を多く使うこと、そして香辛料をきかせて野菜もふんだんに摂れることから、女性に優しいお食事なんだそうです。
ヨーグルトは腸に良いケフィアヨーグルトが主で、チーズもよく熟成された上質なものを使っているので、素材自体が最高なんだろうな~。


今後、「好きな料理は?」と聞かれたら、「グルジア料理です!」って答えよっと。^^
素敵なグルジア料理との邂逅となり、とっても幸せな忘年会でした♪
[PR]
by cuminK | 2012-12-26 22:14 | 会食・外ごはん | Comments(0)